美容から健康まで大人な女性の情報サイト

Love&Sex

男性にアンケート「好きな女性の見た目を教えて!」愛される女の心意気 オトコを喜ばせるナチュラル美人に大変身!

bsp0802_imgbsp0802_titlebsp0802_read
bsp0802_1_title

“男性はナチュラルな女性が好き”というのは定説ですが、本当にそうなのか男性側にインタビュー。世の中の男性は女性のどんなところにトキメクのでしょうか。

bsp0802_1_tx1
・会社の近所のあるOLさん。制服姿だったので遠目では気がつかなかったのだが、近く
 で見るととても上品な顔立ちとメイク。おまけにいい香りがして、すれ違った瞬間立
 ち止まって振り返ってしまった。(30歳・会社員)
・ロングヘアで清潔感のあるコンサバ風の格好で、スタスタ歩いている美人! できれ
 ば顔立ちは森泉を希望…身長も高めが好き。(29歳・会社役員)
・目がパッチリしていて髪はツヤツヤストレート、ミニスカートの女性をみつけたら振
 り返ることにしている。(29歳・会社役員)
・エスカレーターを上っているときに、向かいから脚のキレイな女性が下ってきたら、
 Uターンしてでも追いかけたくなる。(34歳・会社員)

bsp0802_1_tx2

・ジーンズにTシャツ! 普通の格好が似合うと何を着てもイケル気がするから。
 (34歳・会社員)
・デニム系が好き! 体のボディラインが出るシャツ&デニムをキレイに着こなしてほ
 しい。(30歳・会社員)
・やっぱり、スカート! 冬はブーツとのセットでお願いします!(29歳・会社員)
・クオリティの高いブランド物の服を、それとわからせずに颯爽と着こなしてほしい。
 (29歳・会社役員)

bsp0802_1_tx3bsp0802_1_img1bsp0802_1_tx4bsp0802_1_img2bsp0802_1_tx5bsp0802_1_img3bsp0802_1_tx6

以上のアンケート結果からわかることは、男性が好きなナチュラル=昔からの定番、シャツとデニムが似合うスタイルの良さ、素肌感漂うキレイな肌、プラス、手入れの行き届いた指先や髪の毛、長いまつ毛やプルプルの唇といった女の子らしいパーツ、という公式。ついトライしたくなるデコラティブで派手な服装やメイクは、バレンタイン期間は封印しておいた方が無難かも。この時期はあえてモテ度アップを図り、ナチュラル美人に変身してみてはいかがでしょうか!

text/空中庭園・松本愛

bsp0802_2_title

先週のアンケートで立証された「オトコはみんなナチュラルが好き」の法則。そこで早速、愛されネイルの代表選手“フレンチネイル”の塗り方をマスターしましょう。

bsp0802_2_tx1bsp0802_2_navi

「不器用だからフレンチネイルを自分で塗るのは無理…」なんて、諦めていませんか。そんな人でもキレイにできるフレンチネイルの塗り方を、ネイリストの大城さんに特別にレクチャーしていただきました。

bsp0802_2_img1bsp0802_2_img2bsp0802_4_step1

まずはベースづくり。ベースコートを塗った後、ピンクのネイルを爪全体に塗っていきます。その際、筆の半分はよくしごいてから液がついているほうの面を爪にのせ、真ん中→両サイドの順でマニュキュアを塗ります。二度塗りで色がキレイにでればOK。

bsp0802_2_step2

フレンチ部分のホワイトを塗ります。ある程度汚くても大丈夫なので、思い切って一気にラインを引いていきましょう。
 

bsp0802_2_step3

トップコートを塗ったあと、フレンチの境目に大きめのホログラムをのせていきます。(市販のホログラムミックスを大小混ぜて常備しておくと便利!) その上からラインストーンをのせていくと立体感が出てキレイです。派手さを抑えるためにラインストーンはひと差し指1本だけにオン。薬指で男性にこびるより、ひと差し指で今年らしい「カッコイイ女」をアピールしましょう!

bsp0802_2_tx2
bsp0802_2_2tx1bsp0802_2_2img1

フレンチのラインはカーブより、ストレートのラインのほうが簡単。step1のあと、乾かしてから希望のラインの下部分にテープを貼り、そのラインにそって真っ直ぐにホワイトでラインを引いていけば完成です。ラインの上下に、それぞれ小さいストーンをのせると上品な輝きがプラスされて、よりエレガントな指先に。
 

 

bsp0802_2_2tx2bsp0802_2_2img2

カジュアルな服装にも合う元気なデザイン。step2のあとフレンチ部分の中央に大きめのターコイズストーンをつけます。バランスを見ながら、左右に2つずつストーンをのせ、その隙間を埋めるように小さいゴールドのラインストーンで中央のストーンの周囲を囲み、さらに左右のストーンの隙間を埋めていけば完成!

 
 

bsp0802_2_2tx3bsp0802_2_2img3

フレンチ部分の色を白から赤に変えるだけで、基本のフレンチネイルと塗り方は一緒。ポイントとして、ホログラムの上にのせるラインストーンの色はマルチカラーを意識してカラフルな配色にすると、よりポップ感が出てオシャレ度がアップします!

 

 

bsp0802_2_2tx4bsp0802_2_2img4

アクリル絵の具とスポンジを使ってグラデーションをつくっていく上級編。step1のあと、アクリル絵の具の白を目の細かいスポンジを使って爪の根元を中心に叩き込んでいきます。そのあと、ホログラムを爪の片側に緩やかなラインを描くように配し、その上からストーンをオン。下から3分の1の位置に1番大きな石を持ってくると爪を長く見せる効果があります。

bsp0802_2_tx3

何を隠そう「フレンチネイルを自分でキレイに塗れない不器用さん」とは私のこと…。マニキュアで真っ直ぐに線なんて引けない、ましてや左手でなんて絶対無理という人のために、大城先生が特別に教えてくれたテクニックの数々はすぐ使えるものばかり。「スクールでしか教えないようなテクニックなのですが、今回は特別! ぜひキレイな指先を手に入れて」(大城先生)この機会に、誰に見られてもOKな愛されネイルをマスターしてくださいね。

bsp0802_2_foot

bsp0802_3_titlebsp0802_3_navi1

ストレートロングヘアを抑えて、男性が好きなヘアスタイル第1位に輝いた「ミディアムウェーブ」。惜しくも順位は2位ながら、コレが嫌いなオトコはいないだろうと思われる「巻き髪」。それぞれ今年らしさを取り入れたスタイリングを、ヘアサロン「NEWS HOTEL」のスタイリストさんに紹介していただきました。

bsp0802_3_tx1bsp0802_3_img1

緩やかなウェーブパーマで柔らかな質感を出し、顔をつつみこむようにふんわり仕上げる。毛先はワンカールで遊ばせるのがポイント。前髪はフルバンクス(全部前におろす)か、ところどころ空間をあけても全体の柔らかい雰囲気にマッチします。フェイスラインにそったラウンドカットには顔を小さくみせる効果も。

bsp0802_3_tx1-05
bsp0802_3_img1-1
 
 
 

耳より上の髪の毛、短めのレイヤー部分(最後に上からかぶせる部分)を残してまとめ、頭頂部・後頭上部・左右をそれぞれ太めのカーラーで巻いておく。

 
 
 
 
 
 
bsp0802_3_img1-2
 
 
 
 

耳より下の髪の毛を6つにブロッキングし、各ブロックを三つ編みのおだんごにしてピンでとめていく。カーラーを外し、バランスを見ながら逆毛をたててふんわり感をだす。

 
 
 
 
bsp0802_3_img1-3
 
 
 

ワックスで整えて完成! 髪の毛の動きがたりないと感じるときは、毛先を太めのコテで少し巻いてもよし。

 
 
 
 
 
 
 
bsp0802_3_navi2
bsp0802_3_tx2

肩下15cmの重みを残したAラインのロングレイヤー。前髪は小顔に見えるよう目元ギリギリから頬骨にかけてラウンドするようにカットしてある。フェイスラインの髪の毛はコテで外巻き、耳より上の髪は縦巻きに。耳より下の髪はホットカーラーで巻いて長さを出すとよい。

bsp0802_3_tx1-05
bsp0802_3_img2-1

 
 
 

根元用の大きなカーラーでトップの毛の根元を立ち上げる。髪の毛を持って前に倒し、根元からしっかり巻くのがポイント。

 
 
 
 
 
bsp0802_3_img2-2
 
 
 
 

巻いた部分の逆毛を立ててボリュームをだし、表面をコームでさっととかして整え、耳より上の髪の毛をふんわりまとめてゴムでとめる。

 
 
 
 
 
 
bsp0802_3_img2-3

 

 

まとめた髪の毛から一筋とり、ゴムが隠れるよう巻き付けてピンでとめて完成。

 
 
 
 
bsp0802_2_tx3

髪の毛はオンナの命と昔から言われるように、その雰囲気と質感は第一印象を左右する大事なポイント。ついつい面倒くさがっておざなりにしがちなヘアアレンジですが、ちゃんとオシャレに髪の毛をまとめている女性は、街中でもひと目をひくもの。忙しい朝でもパパッと手早くできるよう、暇な時間に練習してみてくださいね。
オシャレなスタイリングをマスターしたら、あとは思わず触れたくなるツヤ感と、近くでふんわり香る良い匂いの演出も忘れずに!
text/空中庭園・松本愛

bsp0802_2_foot

bsp0802_4_titlebsp0802_4_navi

ネイル、ヘアをマスターしたら仕上げはメイクです! 「美人だね…でも、お化粧してる?」と男性に言わせる究極のナチュラルメイクのポイントはずばりカラーレス。実は男性の目には、カラーレス=ナチュラルメイクに見えているらしい。というわけで、自然に見える色味を使った清潔感のあるメイクをヘアメイクの陶山さんに教えていただきました!

bsp0802_4_tx1bsp0802_4_eyeimg1

深い印象を残す力強い目元をアピールするには、アイラインとマスカラ使いがポイント。またアイシャドーはブラウン系をチョイスしてナチュラルに目元の陰影を演出しましょう。

 
 

bsp0802_4_eyeimg2bsp0802_4_step1

左手でまぶたを引き上げながら、まつ毛の生え際を埋めるようにアイラインを引いていきます。目尻は跳ね上げたりせずに、目の形に自然に沿わせること。

bsp0802_2_step2

まつ毛は横から見たときにきれいなカールになるよう、根元にマスカラを当てて数秒キープ。こうすることでキッチリ根元がたちが上がり時間がたってもカールが崩れません。

bsp0802_4_eyeimg3
ナチュラルpoint2 ripbsp0802_4_ripimg1
 
 

唇本来の色見と錯覚させるよううなナチュラルな赤みと、グロッシーな質感を両立させるのが、ナチュラルリップのポイント。ひと手間かけて魅惑的な口元を演出して!

bsp0802_4_ripimg2
 

グロスがキレイに発色するように、ファンデーションを唇全体にスポンジで丁寧に叩き込み色味を消す。

 
 
 
bsp0802_4_ripimg3
 

グロスを唇の輪郭を縁取るようにきっちり塗る。仕上げに唇の中央に再度グロスを塗ると、よりふっくら見えるように。

bsp0802_4_tx3 
bsp0802_4_chkimg2

チークをブラシにとり、こめかみから頬骨の一番高い位置にかけてすべらせる。

bsp0802_4_chkimg3
bsp0802_4_chkimg4 

頬骨の高い位置から、目の下、鼻の横、鼻の際の3方向にかけてブラシを払えば、立体的なチークの完成。

bsp_editorsnotebsp_editorsnote_img

みなさん、今年のバレンタインDAYはいかがお過ごしでしたか?
バレンタインをキッカケに幸せになれた人はもちろん、結果的に何もなかった人まで“男性を意識するシーズン”それが2月! 恋の駆け引きを存分に楽しむためにも、自分に自信を持てるよう、きちんとヘア・ネイル&メイクを整えておくことは大切ですよね。もちろん、ターゲットの男性の好みをリサーチするのもお忘れなく! バレンタインが過ぎたって、恋のチャンスはいつ来るかわからないですからね~、油断は禁物ですヨ。ナチュラル美人を極めて素敵な男性を惑わしていきましょう!

text/空中庭園・松本愛