美容から健康まで大人な女性の情報サイト

Love&Sex

セックスがもたらす女の美 女性ホルモン 欲求不満がちょうどいい!

lsp0710_img
lsp0710_title
lsp0710_read

セックスでキレイになるという通説には、女性ホルモンが大きく影響しています。まずは、女性ホルモンについてお勉強しましょう。 
                 トップイラストレーション/佐伯海老

lsp0710_1_title
lsp0710_1_tx1lsp0710_1_img1

女性ホルモンをつかさどっているのは脳の視床下部という部分。そこからエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンが出てきます。これこそ、女性の2大ホルモン。
エストロゲンは、卵巣から分泌される女性ホルモンで、成熟した卵胞から分泌。月経をもたらしたり、バストやヒップに丸みがある女性らしい体つきを作るほか、美肌、美髪など、女性のキレイを応援してくれるもの。また、妊娠しやすい状態に心と身体を整えてくれるのもエストロゲンのおかげ。
一方、プロゲステロンは、月経や妊娠、出産などに重要な役目を果たしますもの。子宮内膜や子宮筋の働きを調整するほか、乳腺の発達や体温上昇などに関わり、妊娠すると出産後まで分泌し続けます。

これらのホルモンの大敵はストレス。不規則な生活や偏った食事、運動不足、無理なダイエット、お酒や煙草の過剰摂取などが原因。ホルモンバランスが乱れると、肌荒れ、急激な体重増減、怠慢感、生理時の過剰な痛みなどの症状が現れます。果てには月経が止まることも。

2大ホルモンのバランスが整っていると、生理が正しい周期できたり、水分量を増やし弾力性のある肌を保持、シミやニキビのない美肌、健康な強い髪、ふくよかな体などを手に入れることができるのです。
バランスを正しく保つためには、脳の刺激が重要な役割を担っています。脳の視床下部からの指令を受けた下垂体は、卵巣を刺激するホルモンを分泌し、それに応えるように卵巣中の卵胞は成熟とともに女性ホルモンを上昇。ちなみに、女性ホルモンは思春期に作られ、10代後半から増え続けます。20代後半には理想的なバランスを保ち、30代前半でピーク。まさに女盛りを迎えます。 そこで、セックスの登場。
女性がセックスで気持ちよくなったりオーガニズムを感じると、脳に刺激を与えられ、女性ホルモンが分泌されます。「手っ取り早く女性ホルモンを分泌させるためにはセックスをすることが一番!」というのが、「セックスで女がキレイになる」という通説の理由。
でも、女性ホルモンが脳の働きによって得られるのならば、原因はセックスだけじゃないのでは?
脳の中身って、そんなに単純じゃないですよね。女性の脳では、妄想と現実、理想、秘めたる欲求・・・これらが渦まいているはず。
次号、「じゃぁ、セックスしなかったら女はキレイにならないのか?」をテーマに、自らセックス禁止令を下した女性の禁欲生活を探ります。果たして彼女の禁欲生活とは・・・!? ホルモンをコントロールする女の底力を解き明かします!
自らセックス禁止令を下した女性にインタビュウ。
逆転の発想で世の中を見直すと、驚きがいっぱいです!

lsp0710_2_title

今回はセックス禁止令を自らに下した女性の告白です。果たして、セックスでキレイになる、という通説を覆してくれるのでしょうか!?

lsp0710_2_tx1

lsp0710_2_img1

彼女の名前は川越美紀さん(仮名)、33歳。美紀さんは28歳のころ、セックスをしない時期があったそうです。
「そもそもセックスは大好きで、彼氏はもちろん、後腐れのないセフレもいました。セックスをすると女性らしくなると思っていたし、楽しいし、気持ちいいいし。女性として見られているという感覚に満足できるしのも嬉しい。何より、色気のない日々なんて想像もしたくありませんでした」

そんな美紀さんが禁欲生活に突入したきっかけは、彼氏の転勤。
「彼氏が3ヶ月の転勤。別に彼氏以外の人としてもよかったんだけど、彼氏が近くにいなくて会えない状態になると、急に気が緩んで。まぁ、3ヵ月、セックスなしでいってみようか!と思ったんです」
周囲の友人にそれを告げると、みな一様に驚きました。「ほかの人と遊びでエッチすればいいじゃん」というのが友人の反応。

「確かにその通りなんだけど、なんだろう、ふっとノビノビした気分になって。それがセックスには結びつかず、1人という気楽さから、むしろセックスをしないほうが自由かなって」
最初の2週間は、仕事と女友達との飲み、映画や睡眠など、1人を気ままに過ごしていたそうです。ところが・・・
「2週間、3週間と過ぎると、たかだか3ヶ月って思っていた期間が、果てしなく遠く感じました。単純に、セックスしたい!って思うようになったんです」
そのころの美紀さんは、彼氏が来ないから部屋も乱雑、料理も手抜き、ムダ毛も放置、下着はスポーツタイプのものばかり。
 
「セックス欲求がそうさせたのか、これまでのたるんだ生活を引き締め始めました。まず、部屋の掃除。彼氏が来ていたころよりも丁寧に、衝動的に大掃除をはじめました。それから、デートの約束もないのに、ムダ毛の処理をしてセクシーな下着をつけていました。買い物の欲求も高まって、新しい下着が欲しくなったのもこの時期ですね」
下着は充分にあるのに、色違いでセクシーなランジェリーを次々と購入した美紀さん。今日は勝負下着をつけている!という気持ちが、その日の仕事に対するやる気にもつながったとか。
「さらに驚いたのは、1ヶ月ほどたつと、周りからセクシーになった、とか、女っぽいとか言われるようになったんです」
彼氏やセフレと充実したセックスライフを送っていたころの美紀さんよりも、禁欲している彼女のほうが色気がある。これはどういうことなんでしょう?
「正直に言うと、セックス欲求が高まって、周りの男性がみんなセックスの対象に見えてきたんですよ。今まで異性を意識しなかった職場の人間とか、電車の中の人とか。美容師の指を見ているだけで、セックスを想像してしまって(笑い)。なんか、そういう妄想も楽しかったです」
欲求不満。まさにこの言葉がピッタリな状態です。しかし、この欲求不満が、美紀さんを色っぽく演出したのです。
「この頃は、自分で言うのもなんですが、妙にモテました。自分でも目線とか仕草、話し方が丁寧に、女性らしくなったと思います。あと、目がイキイキして顔にニキビがひとつもできなくなりました」

こんな状態で3ヶ月を過ごした美紀さん。その間、セックス1回もなし!
「増えるセクシー下着や、自分のありえない妄想に気がついたときは、これがいい効果を得ていると思わなかったのですが、彼氏が戻ってきて元の生活に戻ると、お尻がたるんだことに気がつきました。しかも、それまでの色気もなくなって、サバサバした性格に。セックスしていると刺激があるはずなのに・・・」
 
実際にセックスをするよりも、妄想で欲求をつのらせたほうが身も心も引き締まる。これが美紀さんの自論です。
「それ以来、今はセックスの数を減らしています。自分なりのベストペースは、なるべく月に1回。欲求が高まって、セクシーさに磨きをかけたころ、いざセックス。この方法は病みつきです」
美紀さんの場合も、脳の刺激による女性ホルモンとの関係が多いに影響を与えているものと思われます。そもそも、セックスで本当に脳に刺激を与えられているか? 毎回オーガニズムを感じているか? 刺激的な感情移入でセックスしているか?
それを思うと、妄想のほうが刺激的なのかも。まるで男性のように見る異性すべてがセックス対象に見えてしまう禁欲生活こそ、意外や意外、女を磨く一番の方法なのでしょうか!

次号は、さまざまな女性の証言で、セックス効果とセックスレス効果を検証します。

「セックスしなくていいことある?」こんな質問を女性たちに聞いてみました。
どんな意見が飛び出すのでしょうか?

lsp0710_3_title

今回は、WJスタッフ女性陣を中心に意見交換。経験談で語るセックスとキレイの関係性を探ってみました。女は脳で性交する――。この言葉を裏付ける証言が多数寄せられました!果たして真偽のほどは!?

lsp0710_3_tx1lsp0710_3_img1

女の欲求はとどまることを知らず。食欲、睡眠欲、美容欲、買い物欲・・・さて、あなたの性欲の順位は何位ですか? 女性たちに聞いてみました。
「1位:美容欲、2位:仕事欲、3位:怠惰欲。性欲はもしかしたら今はベスト10以内に入らないかも。でも、例え妄想でも常に恋はしていたいので恋愛欲はあります」
「1位:睡眠欲、2位:知識欲、3位:物欲。性欲は、多分その次かな? 誰でもいいってわけではないので、時によってムラがあります」
「1位:酒欲、2位:食欲、3位:遊び欲。性欲は8~10位かな・・・」
「1位:睡眠欲 2位:遊び欲、3位:食欲、4位:性欲。睡眠は基本なので。睡眠不足はすべての欲求を消してしまう!」

また、こんな欲深い意見も。
「どれも1位。欲望に妥協はしません。理想的な流れとしては、好きなものを買って、好きなもの食べて、酒に酔ってセックスして、好きなだけ寝ること」
彼女たちのどの意見を見ても、思い当たる節があるのでは?
そう、女はどの欲求も満たしたいもの。そこで性欲のポジションについて考えてみると、ベスト3に入らない女性が多いことに気がつき・・・。もしかして、セックスなしでもいけるんじゃない???

lsp0710_3_tx2lsp0710_3_img2

セックスの醍醐味を聞いてみました。
「夫婦円満。やはりコミュニケーションのひとつだと思う」
「セックスは相手の意外なところとか、お互いのより深いところを知れるので、やっぱりとても大切なコミュニケーションだと思う」
これは心の安定と体の触れ合いに重点をおいた意見。確かに、どのカップルにもコミュニケーションは大切です。
「心の充実感?」
なぜクエスチョンマークがついているのか疑問ですが・・・。こちらも心の安定を示唆していますね。

「好きな人といたしますと、自分の表情が柔らかくなる気がします。セックスは究極の共同作業ですかね。体ひとつでできる原始的な感じと、別にしなくてもいいのにしたいっていうムダとも思える気持ちに、お互いへの執着を感じられます。永遠の愛は信じられないけど、そのとき、その人とセックスしたい、と思っている気持ちは信じられます」
なるほど。セックスがしたいという気持ち、この欲求は大切にしたいですね。
また、こんな意見もありました。
「ストレス解消! ダイエット効果! 人のぬくもりで精神安定!」
「学生時代、前日に彼氏の家に泊まってきた友人が、早朝&寝不足にも関わらず、ビックリするぐらい肌がツヤツヤピカピカ。確実に昨日したね、っていう感じで、そのときはセックスが肌ツヤに与える影響の強さを実感しました」
やはりセックスが女をキレイにするというのは事実なのでしょうか?

では、セックスなしでキレイになったという意見も紹介しましょう。
「ムダ毛の処理をしなくていいので、肌への負担が減りました。下着の上下がバラバラでもいいし、ちょっと太っても問題なし。あとは、自分におあずけすることで、欲求不満パワーを溜め込んで、次の恋愛に全力投球できそう」
「ムダ毛を放置していたら足がしっとりして、ずっと触っていたいような肌触りに。肌が若返ったと思います」
ムダ毛処理の手抜き、という意見はダントツでトップ。やっぱり肌への負担が大きいことは確かですね。
「相手への恋慕が薄れて、自由な気分になる」
「女の子と遊ぶ機会が増えたことで、男性と会うときよりも服装やメイクに気合いが入る。結果的に、セックスしない時期が自分磨きの時間になりました」
「異性から欲情されたい、という気持ちが増えました。セックス相手がいるときよりも、肌がキレイだと思う」
「スカートをはきたい気持ちになって、結果的に足が細くなった」
安定したパートナーがいるときよりも、1人のときのほうが自分を磨く努力を怠らない、これが女の性なのですね。

結局、セックスでキレイになるっていうのはどういうことなのか。通説を検証していきます!

lsp0710_4_title

欲求不満がちょうどいい。こんな奇妙な提案に少しでも共感してくれた人がいると信じています。今回の記事でちょっぴり禁欲生活に憧れたあなた。ぜひ、挑戦してみてください!

lsp0710_3_tx1lsp0710_4_img1

セックスでキレイになる、という説の一番の説得材料は、精神的なものです。vol.1の記事の通り、女性ホルモンを活性化させる脳の働きがセックスによってもたらされるというもの。しかし、女性ホルモンはセックスだけではなく、欲求不満や妄想でも活性するほか、いい男と食事するとき、好きな俳優の映画を鑑賞するとき、買い物などなど、セックス抜きの日常生活でも活性化することが検証されています。

また、セックスは痩せる、という説もあります。これはカロリー消費が問われているのですが、セックスで消費されるカロリーは、通常のプレイで平均200kcalと言われています。これは、お茶碗1杯強の白ご飯(140g)とほぼ同等。ちりも積もれば・・・ですから、毎日にように励むと効果があるかもしれません。ただし、毎回のオーガニズムを体感することが条件になります。これって、なかなか難しいですよね。

実際、vol.2の記事にあるように、欲求不満によって女性ホルモンが活性化し、結果的にフェロモンが出る、という例もあります。ですから、女性ホルモンを活性化するために脳を刺激するのであれば、あえてセックスだけでなくてもいいのではないか、というのが今回の結論。体ではなく脳で行為に及ぶのが女性の性。ある意味、男性よりも本能的な感性が働いているのかもしれませんね。

さぁ、今日からあなたもセックスだけにすがりつかず、自分なりに脳をコントロールして、より魅力的な女性になることを心がけてみませんか?女性をキレイにするのはセックスではなく、あくまで脳の刺激によって生み出される女性ホルモンなのですから!

セックスが充実している人には余裕ある美が。欲求不満の人には溢れ出るパワーの美が。そんな風に思えた今回の取材。これまで、欲求不満なんてみっともない、と思っていた私も、脳と女性ホルモンの働きを勉強するうちに、欲求不満でキレイになる方法があるのではないかと思い始めました。

欲求不満の生活に若干の憧れを持ち出したあなたも、今日から欲求不満ライフを送ってみませんか?
まずは自らセックス禁止を命じてみましょう。そんなの無理!って思っても、目に入るものすべてが欲求の対象になる生活もなかなか魅力的。騙されたと思ってトライしてみてください。

こんな妙な提案を受け入れ実戦された人は、是非、WJに報告してみてくださいね!素敵なご報告をお待ちしております!

文/生田ユリ
トップイラストレーション/佐伯海老

yokkyufuman_05_01yokkyufuman_05_02

vol.1~vol.4では、女性のキレイには「欲求不満がちょうどいい!」というテーマでお送りしてきましたが、
実際、世間一般の女性たちの実状はどうなっているのでしょうか。

これまでの記事においては、最終的に、「ほどよい欲求不満状態が女をキレイにする」、という結論でしめくくりました。 その根拠は、女性をキレイにするのはセックスではなく、あくまで脳の刺激によって生み出される女性ホルモンにあるからです。

しかし、もう一度この記事について振り返ってみたところ、どうしてもしっくりこないところがありました。 「セックスは人生の万能薬」とも言われる世の中において、本当に「欲求不満」状態が女性にとって有益なのだろうかという疑問が湧いてきたからです。

そこで、ウーマンジャパン編集部では、この仮説を実証するために、欲求不満に関するアンケートを実施しました。

合計477名の皆様に回答していただきました。ご協力ありがとうございました!

yokkyufuman_graph_0
yokkyufuman_05_t1

「Q.女は性的な欲求不満状態でキレイになれると思いますか?」という問いに対して、 30~40代女性メインの対象者により導き出されたのは、「どちらともいえない」という半数の意見。

Q16

そして、欲求不満状態で「キレイになれると思う」「キレイになれると思わない」の回答が半々という結果でした。

これらの結果を総合的に考えると、欲求不満が女性のキレイへつながるかどうかは、「どちらとも言いがたい」が正解であるようです。

Q.あなたはセックスどんどんしよう派ですか?それとも欲求不満推奨派ですか?

A. セックス推奨派 『欲求不満なんてもってのほか!どんどんセックスしてこそ女はキレイに
  なる!』 29%
B. 性的欲求不満状態 推奨派 『完全に満たされているより、ほどよく欲求不満のほうが、
  女性は努力を怠らないのでキレイになれる!』 24%
C. どちらともいえない 47%

Q17

このアンケート項目についても、全体の半数を占めるのは「どちらともいえない」という回答でした。
そして、セックスどんどんしよう派と欲求不満推奨派は、おおよそ半々に分かれるという結果に終わりました。
勝負は五分五分といったところです。

そもそもウーマンジャパン編集部が、「欲求不満がちょうどいい」という記事で出した結論について、「果たして本当にそうなのだろうか?言いきってしまって良いのだろうか?」と疑問を抱いた通り、このテーマについて、実際、多くの女性の中でも、どちらともつかない実状があるようです。

これらのアンケート結果から分かることは、「女性のキレイ」に関して、セックスはそれほど直接的に重要な行為ではないということです。

yokkyufuman_05_t2

また、「女性のキレイ」とセックスはあまり関連性はないということは、次のアンケート結果からも明らかです。

Q14

セックスをしても、それほど直接的に「キレイ」につながるとも言いがたいようです。

そもそも、大半の女性にとって、「セックス」は生活の中でそれほど重要ではないことが、次のアンケート結果からも分かります。

Q10
 
 
 

このように、半数以上の方が、ここ一ヶ月セックスをしていないようです。
している人は1~2回といった程度でしょうか。

yokkyufuman_05_t3

では次に、女性がセックス以外で、色気やフェロモンを出して、魅力あふれる「キレイ」な女性になるために、どのような方法を取っているか、また、どのような方法があるのかを検証してみましょう。

まずは次のアンケート結果をご覧ください。

Q15

比較的大きな割合を占める回答が、「香水をつける」「恋をしたり、好きな人を作ったりしてときめきを持つ」「睡眠を十分にとる」の3つでした。
香水や睡眠は肉体的なことですが、恋をしてときめきを持つというのが多いのは、やはり女の「キレイ」は精神的な面に大きく関わることであることが分かります。

また、この結果から、「恋」という相手を一方的に想う状態は、「ほどよい欲求不満状態」と言えるのではないでしょうか。

このことから、「セックス欲を抑えた」欲求不満状態が女性をキレイにするのではなく、
「相手を一方的に恋い慕い、まだ手に届かない状態」という意味での欲求不満状態こそ、
「ちょうどいい」状態であり、女性をキレイにするのではないか、というのが、
現時点でのウーマンジャパンとしての結論としたいと思います。

では次に、女性が性的な欲求不満状態に陥ってしまったとき、そのまま欲求不満のままが良いのでしょうか。
それとも素直に解消すべきなのでしょうか。

もしくは、何か別の手段で解消すべきなのか、そしてその手段でどれくらい性的欲求が解消できるのかという疑問も湧いてきます。

そこで、次のようなアンケート結果をもとに、考えてみたいと思います。

Q6

性的な欲求不満についての自覚は、このようにぼやけている結果が出ています。

性的に欲求不満状態の女性は、全体の20%しかいないということも注目すべき点です。

Q7

一に睡眠、二に美容欲。三に金銭欲・物欲、そして性欲、食欲と続きます。
つまり、多くの女性にとって、「性欲」は「キレイになりたい欲」より劣るということが、このアンケート結果から分かります。

では、実際に性欲がわき起こったときに、どのような方法をとっているかのアンケート結果を見てみましょう。

Q11. 性的な欲求不満のとき、セックス以外でどのような方法で対処していますか?

Q11

寝たり、食べたりで解消する傾向が強く、そして自慰行為も意外にも多い結果に。
後は、ネットや映画友達とおしゃべり、ショッピングなど、エンタメ関連が続きます。
性的な欲求不満は、人と会話したり、何かを見たり、聞いたりすることで、精神的な面での解消がなされるようです。

そのことは、次の結果からも明らかです。

Q12

セックス以外のことでも、性的欲求はまあまあ解消されるのです。
何かをしても解消されず、うずうずが消えない・・・という状況にはならないということですね。

Q13

逆に、性的な欲求不満のときに、セックスをするとどうなるのでしょうか。
先ほどの、セックス以外の解消方法とは異なり、なんと「どちらともいえない」がトップに出ています。
つまり、大半の女性は、性的な欲求不満のときに、セックスを選んでも、それほど顕著に解消されないという傾向があることが分かります。

このことは、女性にとって、セックスが、それほど重要な性的な欲求不満を解消する手段ではないことを意味していると言えるでしょう。
自慰行為や、インターネットでの何らかの情報閲覧、コミュニケーション、そして映画やドラマ、友達とおしゃべりなどの「精神的な行為」に、どうやら女性の欲求不満解消のポイントが隠されているようですね。