美容

今、注目の若返り物質 ALA(アラ:アミノレブリン酸)

「新型コロナ増殖を100%阻害」 長崎大が研究結果発表!

2021/02/09

長崎大学はサプリメントとして市販されている「ALA」が、新型コロナウイルスの増殖を100%阻害するとの研究結果を発表しました。2021年2月8日夜、国際誌に「5-アミノレブリン酸が新型コロナウイルス感染を阻害」と論文が掲載されました。

「5-アミノレブリン酸」とは、通称『ALA(アラ)』と呼ばれている天然のアミノ酸。長崎大学の北潔教授のチームが試験管内で一定量以上の「ALA」を投与すると、ウイルスの増殖が抑制されることを確認しました。

「おそらく効くだろうとは思ってましたけど、ある一定の濃度以上だと本当に100%、増殖を阻害する」
「これを見つけたからには、(広めることが)我々の義務」
(長崎大学 熱帯医学・グローバルヘルス研究科 北潔教授)との事。

「ALA」は、赤ワインや納豆などの発酵食品に多く含まれているほか、元々人間の体内でも生成されるもので、安全性が確認されています。

研究では、「ALA」が新型コロナウイルスの増殖を抑制することが確認され、感染者の治療に有効である可能性が示され、2021年2月4日からは人への臨床試験も始まっており、新型コロナ患者への治療や予防にも活用されることが期待されています。

TBS『あさチャン!』でALAがコロナに有効と取り上げられました!

2021/01/04

コロナの増殖を抑える可能性が高いことがわかった物質がALA。
2021年1月4日にTBS『あさチャン!』で、世界で唯一ALAを大量生産できる静岡県袋井のネオファーマジャパンの工場から中継されました。
ALAは白い粉、体の中の細胞にもともとあるミトコンドリアの中のアミノ酸。
長崎大学の北教授の研究チームがマラリアの治療薬を開発するために使っていたALAが、コロナの増殖を抑えることを発見して、俄然、注目を集めています。コロナウイルスにALAの溶液を加えると一定期間でコロナウイルスがほぼ消えたのです。
ALAは人間の身体の中に存在するアミノ酸の一種で、生命の根源物質とも言われています。
安全性が高く、比較的、安定した価格で供給ができることで、実用化の期待が大きくなっています。
また、コロナウイルスに変異が起こっても同じように作用するということも分かってきました。

臨床試験の結果がコロナ増殖を防ぐ治療薬やワクチンなどに期待が寄せられています。
これまで使用されている治療薬は他の病気用に開発されたり利用されていたもので、副作用があるものも多いので、その意味でリスクが低いのは希望を与えるものになればいいと期待されています。

さらに、美容業界で注目の若返り物質

肌年齢−20歳も夢ではない!
若返り、育毛、ダイエット、さらには医療分野にも!
無限の可能性を秘めた、
驚異の物質、
それが、アミノレブリン酸『ALA(アラ)』

『ALA(アラ)』を塗ると肌が若返る!

今、美容・健康業界が大いに注目する物質があります。それが「アミノレブリン酸」、通称『ALA(アラ)』です。現在、ALAを使った化粧品が販売されていますが、その効果は驚くほど。
なんと肌年齢が大幅に若返ったという結果も。

◆ALA入りクリームで−13歳も若返る!

ALAの入った保湿クリームをモニターに10日間試してもらったところ、参加した全員の肌年齢が若返りました。中には、なんと−13歳も若くなった人も。
※TBS「夢の扉NEXTDOOR」より

◆なぜ若返るのか?

ALAを30代女性の肌細胞に浸したところ、7日間で肌細胞の増殖率が1.5倍に上昇。これは肌の新陳代謝が活発になっていることを表しています。さらに興味深いのが、肌の潤いと弾力に大きな変化が現れたこと。実は水分量に関係する「ヒアルロン酸」とハリの改善に関わる「コラーゲン」の生産量がともに上がっていたのです。もちろんこのクリームには「ヒアルロン酸」も「コラーゲン」も含まれていません。

◆細胞レベルで肌を若返らせてくれる!

もともと「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」は、私たち自身が自分の肌細胞の中で作り出しています。しかし老化とともにその能力は衰え、肌の潤いは失われ、ハリのない老け顔になっていきます。でもALA入りクリームを塗ると、「ヒアルロン酸」は通常の1.5倍、「コラーゲン」は2倍に増加。ALAによって細胞の基礎代謝が上がり、エネルギーの生産量が増加。そのエネルギーで「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」が生成されているのです。

「ALA」の正体は?

細胞レベルで肌を若返らすALAの正体とは?実はアミノ酸の一種です。アミノレブリン酸、通称ALAは、私たち人間の体内にもともと存在するもの。36億年前、地球上に生命が誕生した時にもALAが関わっていたと考えられており、まさに「生命の根源物質」といわれるものなのです。

◆生命維持に重要な役割を担っている

ALAは、動物、植物、すべての生き物の中に存在し、生命維持のために重要な働きを担っています。例えば植物なら光合成を行うのに必要な葉緑素(クロロフィル)、人間や動物では赤血球のヘモグロビンの原料となります。

「ALA」の働きとは?

人間は生きるために体内でエネルギーを生産しています。そこで欠かせないのがミトコンドリア内のALAの働きです。ミトコンドリアは体内でエネルギーを生み出す発電所のような器官。その中でALAは体外から得られた酸素と栄養素を運び、エネルギーを生み出すために働いています。

◆「ALA」は【エネルギーを作るための運搬係】

いくら酸素と栄養を摂っても、ALAが運んでくれないとエネルギーにはなりません。つまりALAがないと人間も動物も植物も生きていくことができないのです。

「ALA」は年齢とともに減っていく

驚異の可能性を持ったALAですが、実は問題も…。もともとALAは体内で作られる物質ですが、17歳をピークに徐々減っていきます。

◆「ALA」が減ると老化する?!

酸素や栄養の運搬係であるALAが減るということは、エネルギーを生み出す力が衰えるということ。これが老化の原因の一つとも言われています。すぐ疲れる、疲れが抜けない、風邪を引きやすいなど年齢を感じたらALAが減っているのかも。ずっと若々しく、健康でいるためにもALAは必要不可欠な物質です。

「ALA」を摂取するには

ミトコンドリア内で生成されるALAは、動物・植物、すべての生き物に含まれています。もちろん私たちが普段口にしている食品にも含まれており、毎日の食事からも摂取しています。

◆健康に良いとされる発酵食品に多く含まれている

日本人の食生活に関わりの深いお酢や醤油、味噌、また日本酒やワインなどの発酵食品にALAは多く含まれています。最近の研究では、飲む点滴と言われ、美容・健康に良いとされる甘酒にALAが多いことが明らかになりました。またほうれん草やピーマン、トマトといった緑黄色野菜にも多く含まれています。

◆食事で摂るのは難しい・・・

このように不足したALAは食品から摂取することもできますが、その量はほんのわずか。人間は1日に2mgのALAを尿によって排出しますが、その量を補給するには、ワインで1リットル、ほうれん草で12キログラムが必要。バランスの良い食生活を心がけても毎日の食事から摂取するのはかなり難しい…と言わざるを得ません。

◆人の手で作るのも難しい・・・

ALAは従来、科学的な合成方法によって製造されていました。しかし製造コストが非常に高く、1グラムの価格は5万円以上。そのため用途は研究用に限られ、長く世に知られることがなかったのです。

田中徹先生の研究により量産化に成功!

◆「ALA」の研究に人生を捧げて!

希少で高価な物質「ALA」を世に広めるために尽力したのが、研究者の田中徹さん。コスモ石油の中央研究所の研究員だった田中さんは、社内の自由研究でALAに着目。研究を進める中で、ALAの驚異的な能力と未知なる可能性を発見。何とか人の手で作り出し、様々な分野に役立てたいと思ったのです。


ALA研究開発の第一人者である田中徹博士
ネオファーマジャパン株式会社 チーフサイエンティスト
第10回「日本バイオベンチャー大賞」レセプションでのパネル展示にて

1950年代 ALA (アミノレブリン酸) 研究開始

ALA はヒトや動物・植物等ほとんど全ての生命体に存在するアミノ酸の一種。

1988年 田中氏 生産方法の研究始動

当時も今も合成法で作られたALA原料はとても高価。
少しでも効率的に製造できないかと試行錯誤し、最適な菌を調査。
最終的には、日本の田んぼによく生息している光合成菌を発見。 

ALAを作るのに適した菌株を作成

何千回もシャーレの上で培養を重ね、10万株を超える菌株の中から、最もALAを作ることに長けた菌を生み出す。

1999年 発酵技術による生産を確立

独自の発酵法による国内生産が開始。

まだまだ広がるALA

◎「ALAには無限の可能性があります。美容や健康のみならず医療の分野にも役立てたい。たくさんの可能性を、たくさんの人に届けられるよう挑戦していきたい」と田中さん。そしてALA研究に人生を捧げることになるのです。

◆ALAはエネルギーを生み出す重要な物質

もともとALAは1950年代にアメリカで発見。しかしその後、ほとんど注目されることはありませんでした。ところが1988年に田中さんが研究を開始。そして現在、田中さんが得た研究成果により、ALAは多くの分野でスポットを浴びるようになったのです。

◎「ALAは私たちの体にも、植物にも、動物にも、すべての生き物の中に必ず存在し、エネルギーを生み出す大元の重要な化合物です。だから外から補うことで、生き物が本来持っている力をフルに引き出すことができます」と田中さんは胸を張ります。

◆光合成細菌を使って培養、発酵法によって量産

田中さんがALA研究を始めて最初にぶつかったのが量産化の壁です。希少で効果な物質を、いかに効率よく製造できないかと試行錯誤を重ね、たどり着いたのが「細菌」でした。日本の田んぼに生息し、環境浄化に役立つバクテリアの「光合成細菌」で培養し、10万株を超える菌株の中から最もALAを作ることに長けた菌株を発見。酒や醤油を作るのと同じ発酵法で、国内大量生産を確立したのです。
◎「ALAはもともと体の中にあるものです。だったら生物の力を借りて作った方がより効率的だと考えました」。この田中さんの大胆な発想により生産コストを10分の1以下に抑えることが可能になったのです。

「ALA」の無限の可能性

◆美容、健康、農業の分野で活躍

◎化粧品のエイジングケア成分として

美容分野では、肌年齢を若返らせる機能が注目。エイジングケア成分として化粧品に配合することで、肌の潤いや弾力の改善が期待できます。

★ALAは分子の大きさが極めて小さく、浸透性に優れているのも化粧品には有効。ヒアルロン酸やコラーゲンなど分子が大きい成分では、浸透をサポートするために界面活性剤が使われています。しかしALAなら界面活性剤不使用!肌に負担を掛けることなく、しっかり浸透させます。

◎育毛剤として

マウスによる実験では、ALAを与えると毛根が太くなり、抜け毛が減少。しっかりとした太い毛が生えてきました。その結果、育毛剤としての効果が期待されています。

◎糖や脂肪の代謝をサポートする成分として

研究の結果では、糖と脂肪の代謝を促進させることが判明。内臓脂肪の蓄積を抑えたり、食後の血糖値の上昇を穏やかにするサプリメントにも配合されています。

◎農業の生産性向上に

ALAを植物に与えると葉緑素が増し、光合成能力、CO2固定能力が向上。そのため野菜や果物が大きく、甘く育ちます。また寒さに強く、塩分の多い土壌やアルカリ土壌にも適合。農業の生産性向上にも役立ちます。

◆医療の分野でも期待が高まる

◎医療の最前線でもALA研究が開始

2013年にはグリオーマ(悪性神経膠腫)の経口診断薬の承認を取得し、すでに販売を開始。膀胱癌の診断薬も2015年から臨床に入りました。癌の化学療法の貧血の治療薬としてイギリスでは臨床1相が終了し、国内では埼玉医大で医師主導治験の臨床2相が進行中です。

◎脳梗塞の後遺症の治療にも

脳梗塞は脳の血管が詰まり酸素が行き届かなることで脳細胞が死滅してしまう病気です。一旦死んでしまった脳細胞は元には戻らず、半身不随、言語障害などの症状が現れます。ところが脳梗塞の発症から6時間以内にALAを与えればかんぜんには死滅していない脳細胞が再び活性化し、回復さるのではないかと考えられ、現在研究が進められています。

◎その他の病気にも

アルツハイマーやパーキンソン病、難治性神経変性疾患、抗がん剤からの腎保護、インフルエンザ重症化阻止、マラリアなど多岐にわたる研究が国内外の大学や研究機関で行われています。いずれも研究の進捗状況は良好で、早い認可が期待できそうです。

◆ALAのすごさにメディアも注目

現在、ALAに対する期待と夢は膨らむばかり。そのすごさは数々のメディアでも紹介されています(TBS「夢の扉NEXTDOOR」、BS-TBSドキュメンタリー「神様からの宿題」など)。
ALAが持つ無限の可能性を信じて、今も研究が続けられています。

関連記事

ページ上部へ戻る