美容

  1. 肌のくすみ、解消してほしい。肌のくすみの原因は?くすみを解消して、女を磨く!

    まずは、くすみの実態と原因を押さえましょう。「医学的にくすみという概念はありませんが、肌の色が全体的にすぐれないことを皆さんくすみと感じているようです」と森先生。つまりくすみは、スキントーン(肌色)の問題。

    続きを読む
  2. MAME式美バストセラピーでマシュマロバストを手に入れる

    バストの施術といえば、エステのカッピングや美容クリニックのヒアルロン酸注射などさまざまなものがあります。

    続きを読む
  3. 自分の脚を研究しよう

    今回お話をお伺いしたのは、人気モデルの仁香(にか)さん。ご自身が日々実践している、脚を美しく魅せるテクニックを教えていただきました!いくらダイエットをがんばっても、なかなか思うような結果が現れない「脚」。

    続きを読む
  4. 女の肌、必要なのは、透明感。

    「最近、どうも肌に元気がない気がする」と思ったことはありませんか? 別に吹き出物があるわけでも、シワが増えたわけでもないのに、なんでだろう…? と疑問に思っていた人、注目! その原因は肌の透明感にアリ。

    続きを読む
  5. 顔のたるみ・ほうれい線を解消したい!

    「最近全体的に顔がたるんできた気がする」「ほうれい線が目立ってきた」人には言えないけれど、自分の中では意外と深刻な問題なのではないでしょうか。

    続きを読む
  6. しない美容法TOP3 読者アンケート

    コレをしなくっちゃダメ!という自分ルール、意外とストレスになっていませんか?例えば毎日歩くとか、必ず湯舟に浸かるとか、サプリを飲むとか。そういう自分で作ったルールを、守れないときの敗北感と言ったら…誰にでも必ず経験があることと思います。

    続きを読む
  7. リンパうつ帯除去|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  8. 免疫強壮|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  9. 利尿|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  10. デオドラント|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  11. 通経|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  12. 鎮痛|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  13. 鎮静|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  14. 鎮痙|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  15. 頭脳明晰化|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  16. 消化促進|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  17. 消炎|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  18. 収れん|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  19. 細胞活性|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  20. 催淫|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  21. 抗真菌|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  22. 抗菌|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  23. 抗うつ|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  24. 健胃|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  25. 駆風|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  26. 去痰|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  27. 強壮|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  28. 強心|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  29. 強肝|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  30. マッサージ|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  31. アロマバス|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  32. 芳香浴|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたアロマオイル。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  33. エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ハーブの揮発性有効成分を抽出し、薬効が凝縮されたエッセンシャルオイル(アロマオイル)。その数は約200種類にもおよびます。たくさんありすぎて、どれを使用していいのか迷ってしまう人も多いはず。

    続きを読む
  34. イランイラン|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    インドネシアでは、新婚カップルのベッドにこの花びらをまくという風習があるほど、イランイランの香りは強い催淫特性を持っています。その濃厚でエキゾチックな香りは、神経をリラックスさせ、喜びの感情を与えてくれます。 ストレス・緊張・怒りなどの緩和。自信を回復する。

    続きを読む
  35. ベチバー|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    鎮静作用がありストレスや緊張の緩和に効果を発揮します。また循環器系を刺激し、赤血球の増加を促して、筋肉痛の緩和をはじめ、体全体の健康を回復します。スキンケアに用いればニキビや脂性肌に効果的。抽出してから年を経るごとに香りが強くなってきます。 ストレスを和らげる。

    続きを読む
  36. ティートリー|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    昔からオーストラリアの先住民の間で、感染症や傷の治療に使われていました。免疫系刺激効果により白血球を活性化し、病気の回復を早めたり、強力な殺菌消毒効果で流感や口辺ヘルペス、さらにカンジダ性膣炎などにも効果的です。 ショックで沈んだ心をリフレッシュさせてくれる。

    続きを読む
  37. サンダルウッド|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    甘くエキゾチックな香りが特徴で、日本では「ビャクダン」の名で知られています。その香りは優れた持続性をもち、リラックス効果もあるため現在でも人気香木のひとつです。抗菌効果やアリなどの防虫効果により、昔から寺院の建材や家具などに用いられてきました。インド・マイソール産の精油が世界的に有名です。

    続きを読む
  38. ローズウッド|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    バラに似た芳香をもち、芳香浴などでローズの代用として使用されます。身体の抵抗力を回復して、咽頭炎などの感染症予防に効果を発揮する他、トラブル肌や敏感肌のスキンケアにも効果的です。子どもにも安心して使用できます。 精神疲労、落ち込みを改善。不眠に効果。

    続きを読む
  39. ローズマリー|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    名前の語源は、ラテン語で「海のしずく」の意味。好んで水辺に生育する性質からきています。古くギリシャ・ローマ時代から聖なる植物として、医療や宗教の場で使われてきました。その強い香りはさまざまな器官を活性化し、修復してくれます。強い収れん作用があるので、肌の引き締めにも効果があります。

    続きを読む
  40. ローズ(オットー)|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    古くから愛と清純さの象徴として愛されてきました。情緒面に作用したり、ホルモン調整や血液循環の活性などにも効果を発揮します。抽出法によりオットー(水蒸気蒸留法)と、アブソリュート(溶剤抽出法)があります。

    続きを読む
  41. ラバンサラ|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    マダガスカル原産の森林樹で、木全体から芳香を放っています。人々の間では薬や香り付けとして使われてきました。ラバンサラは呼吸器系に作用するシネオールを多く含み、インフルエンザや気管支炎などに効果を発揮します。 過労で無気力状態の心を癒す。

    続きを読む
  42. パイン|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    森林を思わせるフレッシュな香りで、感情が落ち込んだときには、和らげリフレッシュさせてくれます。また強力な殺菌消毒特性により、肺や喉、鼻詰まりなど、主に気管支系の症状に効果を発揮します。少量でも効果が期待できます。 心をリフレッシュしてくれる。

    続きを読む
  43. プチグレン|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    昔はオレンジの未熟な実から抽出していました。その後葉や小枝から抽出するようになり、現在ではレモンやマンダリンの木からも生産されています。全体にネロリほど強力ではありませんが、不眠症やニキビ、吹き出物に効果的です。 怒りやパニックを緩和し、リフレッシュさせる。

    続きを読む
  44. ペパーミント|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    歯磨き粉や菓子、酒などの香りとしてお馴染みのペパーミントは、地中海および西アジア原産のハーブです。古代エジプト時代からその薬効は尊ばれていました。ペパーミントはウォーターミントとスペアミントの交雑種。その強烈な香りは消化器系や呼吸器系に効果を発揮し、またデオドラント効果も期待できます。

    続きを読む
  45. パチュリー|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    アジアでは解毒剤や防虫剤として使われてきました。精油は、その抗うつ作用により萎えた気力の立ち直りを、また強力な収れん作用で皮膚のたるみを引き締め、肌の若返りを期待できます。抽出してから年が経つにつれ香りが強くなります。 心を落ち着かせ現実を見つめる力をつける。

    続きを読む
  46. オレンジ(スイート)|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    甘くて、爽やかな柑橘系特有の香りのオレンジは、落ち込んだ心を暖かく包み、元気を回復させてくれます。また消化器系のトラブルにも効果的です。なお、同じオレンジでもビターオレンジは光毒性が強いので注意が必要です。

    続きを読む
  47. ネロリ|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    主にビターオレンジの花びらから抽出されるネロリ。その優雅で濃厚な香りは一度嗅ぐと忘れられないほどです。心をリラックスさせる特性があるので、沈んだ心を鎮め、楽しい気分にさせてくれます。消化不良や下痢にも効果的です。 不安やイライラを癒し、リラックスして楽しい気分になる。

    続きを読む
  48. ミルラ|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    和名は「没薬」。古代エジプト時代から薬効が認められ、ミイラ作りや化粧品などにも使用されていました。ミルラの精油は呼吸器系や消化器系に作用して効果的ですが、特に口腔系の潰瘍、歯槽膿漏などに効果を発揮します。 無気力、憂鬱、不安の解消。

    続きを読む
  49. メリッサ(レモンバーム)|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    ミントの仲間で、別名は「レモンバーム」。古くから心臓への薬効で知られ「生命の万能薬」とまで言われていました。主な症状としては高血圧やそれに伴う心臓の不調に効果を発揮し、さらに喘息、生理痛、消化不良などにも効果的です。 パニックやショックを鎮め気分を明るく高める。

    続きを読む
  50. マジョラム(スイート)|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    草丈約25センチ、白やピンクの花をつけるマジョラムは、古代ギリシャでは、筋肉のけいれん治療ほか、薬草として幅広く使われていました。精油でもその効能は認められており、加えて強心作用、血圧降下作用、消化促進作用、また神経系では不安、ストレスの緩和など、さまざまな症状に有効です。

    続きを読む
  51. マンダリン|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    作用が穏やかなうえ毒性がないので、使用量を調整すれば子供や妊婦にも使えます。鎮静作用により落ち着きのない子どもを鎮めるのに使ったり、妊娠中に使うと、妊娠線の予防にも効果を発揮します。甘くフルーティーな香りで、だれにでも好まれます。 沈んだ心を明るくする。

    続きを読む
  52. レモングラス|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    その名の通りレモンに似た香りが特徴で、レモン同様リフレッシュ効果が期待できます。また乳酸を除去することから筋肉痛の緩和や足の疲労の除去に効果的。ニキビ、水虫、さらにペットのノミ除け、臭い消しにも有効です。 不安や落ち込みを緩和しリフレッシュする。

    続きを読む
  53. レモン|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    そのシャープな香りは、興奮したときや、集中力を高めたいときに有効です。一般に血流をよくし、高血圧や貧血を改善し、発熱を伴った風邪に効果を発揮します。また、古い角質を取り去り、みずみずしい肌に生まれ変わらせます。 リフレッシング。

    続きを読む
  54. 真正ラベンダー|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    昔ローマ人はその消毒作用に注目し、ラベンダーを入れた浴槽で傷を洗い流したといいます。アロマテラピーでも、さまざまなシーンで使え、安全性の高さから子供から大人まで使える、まさに「万能」精油として人気です。スパイクラベンダーは香りが似ていますが、作用は真正ラベンダーとは異なります。

    続きを読む
  55. ジュニパー|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    和名はセイヨウネズ。ジンのフレーバーとしてもおなじみのジュニパーは、森林を思い起こさせる温かでウッディーな香りがします。疲れた心をいやし、精神を浄化し、そして優れた利尿作用で膀胱炎など、泌尿器化系の症状に効果を発揮します。 疲れた心を癒し、リフレッシュする。精神の浄化。

    続きを読む
  56. ジャスミン|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    甘く、エキゾチックな香りは主に感情に作用し、疲れた心をあたたかく癒し、失いかけた自信を取り戻させてくれます。昔から催淫効果の高いことでも知られ、デートの時に携帯するのもよいかも。香りが強いので少量でも効果的です。 落ち込んだ心に自信をとりもどさせる。

    続きを読む
  57. グレープフルーツ|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    甘く、柑橘系特有の爽やかな香りは、沈んだ心を元気づけ、楽しい気分にさせてくれます。身体的にも、胃や肝臓、胆嚢の強化、さらに利尿作用および脂肪の消化促進作用によりダイエットにも効果が期待できます。 リフレッシング。欲求不満、ストレスを緩和。

    続きを読む
  58. ジンジャー|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    日本でもおなじみのジンジャー。喉の痛みや風邪の諸症状に効果を発揮します。体を温め、汗をたっぷり出すことで体を冷やし、不快な発熱の諸症状を和らげてくれます。消化器系にも効き、苦しい二日酔いにも強い味方になってくれます。 関節痛、筋肉痛の緩和。

    続きを読む
  59. ゼラニウム|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    高さ1メートル弱、小さなローズピンクのかわいい花を咲かせます。植物全体から香りを放ち、欧米では古くから悪霊の進入を防ぐと信じられ、よく家の周りに植えられていました。精油は、皮脂分泌やホルモン分泌などの調整効果をはじめ、虫除けとしても効果を発揮します。

    続きを読む
  60. フランキンセンス|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    和名は「乳香」、別名「オリバナム」。古代から宗教的にもまた医療的にもたいへん貴重なもので、幼子イエスの誕生の際、東方の三賢人が贈った品物の一つだったといわれます。シワを改善するなど美容的にも優れた効果が期待できます。 心を平静にする。若い気分にする。

    続きを読む
  61. フェンネル|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    昔からヘビの咬傷や眼病の治療に使われてきました。フェンネルの精油は優れた浄化作用を持ち、食べ過ぎや二日酔いといった、体内に生じた不快な症状を取り除くのに効果を発揮します。ストレス性の吐き気、便秘にも効果的です。 感情表現の苦手な人に勇気を与えてくれる。

    続きを読む
  62. ユーカリ(グロブルス)|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    樹高は100メートルにも達し、硬くて丈夫な葉をつけます。古くからオーストラリアの原住民の間では創傷や熱病など、万能薬として使われてきました。精油はかなり強力で、用量には注意が必要です。標記のグロブルス種のほか、香りと刺激がマイルドなラジアタ種など数種類があります。

    続きを読む
  63. サイプレス|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    「イトスギ」の和名を持ち、高さ数十メートルにも達する円錐形をした常緑樹です。古くから地中海地方の庭園や墓地でよく見られ、キプロス島の名の語源となったことでも知られています。

    続きを読む
  64. クラリセージ|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    昔、その粘液で目を洗浄していたことから、「明るい」または「清浄な」を意味するラテン語「クラルス」が語源とされるクラリセージ。その香りは強力な鎮静力を持ち、時には眠気を誘うことも。車の運転時には使用を控えましょう。

    続きを読む
  65. ローマンカモミール|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    名前の由来はギリシャ語で「地面のリンゴ」の意味。リンゴを思わせるフルーティーな甘い香りがします。ローマン種はジャーマン種よりなじみやすい香りなので、子どもにも使えます。抗炎症成分のアズレンを含み、ニキビ、肌荒れに効果があり、また強力な緩和作用からイライラや不眠症に最適です。

    続きを読む
  66. シダーウッド|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    古来より寺院の薫香として、また神殿の建設資材として、エジプト人はミイラ作りに使うなど、宗教的なシーンに使われてきました。その神秘的な香りは不安や緊張を解きほぐし、気管支炎やニキビなどの症状にも効果が期待できます。 緊張や不安を和らげてくれる。

    続きを読む
  67. キャロットシード|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    名前のとおりニンジンの種からとった精油で、その優れた浄化作用は古くから知られています。アロマテラピーでは、特にダメージを受けた肝臓の回復に使われ、その細胞成長促進作用により、シミ、シワなどにも効果を発揮します。 心を浄化してストレスや疲労感を緩和してくれる。

    続きを読む
  68. ブラックペッパー|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    スパイスとして、また薬用として、昔からたいへん貴重で、これをめぐって戦争がおこったほどでした。そのツンとくるスパイシーな香りは、消化器系を刺激し、消化不良や胃もたれなどの症状を緩和します。筋肉痛にも効果的です。弱気な心に打ち勝つ強さを得る。

    続きを読む
  69. ベルガモット|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    柑橘系特有のフレッシュさに加え、甘く、フローラルなトーンも感じさせる、デリケートな香りが人気です。その名は初めて栽培された北イタリアの小都市、ベルガモに由来。高揚作用に富み、消化器系の調整作用にも効果的。香水の成分として、紅茶、アールグレイのフレーバーとしても使用されています。

    続きを読む
  70. ベンゾイン|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    和名は「安息香」。名前のごとくストレスや緊張で浅くなった息を、深く安らかにさせる作用があります。また体内の循環を良くし、呼吸器系の不調を癒したり、あかぎれやひび割れなどのトラブル肌にも効果が認められています。緊張とストレスの緩和。

    続きを読む
  71. バジル|エッセンシャルオイル(アロマオイル)事典

    料理などでもおなじみもバジルは、古くから薬草としても用いられてきました。そのスパイシーな香りは感覚を鋭くし、集中力を高めてくれます。またシソ科のハーブの特性ともいえる、消化器系の機能促進効果も期待できます。弱った心を強く立ち直らせてくれる。集中力を高める。

    続きを読む
  72. 楽しくやる 普段歩きで美しくなる10の方法

    やはり、一番大切なことは「継続する」こと。それには楽しくやることが一番!その日歩いた場所を写真で撮りブログに載せたり、ウォーキングのファッションを楽しんだり。自分のお気に入りのアイテムや音楽でリラックスすることも大切です。

    続きを読む
  73. やってはいけないバッグの持ち方 ウォーキング 普段歩きで美しくなる10の方法

    皆さん気が付かないうちにやってはいけないバッグの持ち方をしていませんか?まず左の写真は正しいバッグの持ち方です。重心が一直線になっており、きれいな姿勢を保っています。

    続きを読む
  74. ウォーキング後のクールダウン ウォーキング 普段歩きで美しくなる10の方法

    本格的なウォーキングをしたときは、疲れを残さないためにクールダウンしましょう。

    続きを読む
  75. ウォーキングの速さ・距離・時間 ウォーキング 普段歩きで美しくなる10の方法

    1.「速さ」歩幅広めでいつもより少し早足で2.「距離」1日1万歩3.「時間」1日30分~1時間Point!連続でなくても、トータルで...

    続きを読む
  76. 効果的な足の運び方 ローリング ウォーキング 普段歩きで美しくなる10の方法

    ウォーキングでは、かかとから着地して足の親指で地面を蹴り上げて次の一歩を踏み出して1歩1歩進んでいきます。この時の重心移動や一連の動作を足の運び方(ローリング)と呼びます。1.ひざを伸ばして、かかとから着地します。

    続きを読む
  77. 正しいウォーキング方法 ウォーキング 普段歩きで美しくなる10の方法

    衣装協力:PUMA歩き方に変なくせがついているとウォーキングの効果が思ったほど得られません。理想的なウォーキングを身につけましょう。 1.背筋をピンと伸ばします。

    続きを読む
  78. 正しい姿勢と立ち方 ウォーキング 普段歩きで美しくなる10の方法

    背筋をスッと伸ばした正しい姿勢が、美しい体をつくる基本です。最初は何もないところで正しい姿勢を作ることは困難です。まずは壁を使って体の芯がまっすぐに通り正しい位置にある状態を感じて覚えましょう。

    続きを読む
  79. 美しいスタイルキープ術|スタイル美人の作り方

    スタイル美人になるためにはどうしたらいいか…悩む前に聞いてみよう! ということで、杉本彩さんをはじめ、とくに美しいプロポーションの持ち主が多いと有名なアルゼンチンタンゴダンサーのMaiさんに、スタイルキープのコツを教えてもらいました!上から90-58-86、という抜群のスタイルを誇る...

    続きを読む
  80. 私、臭ってるみたいなんです。いい汗? 悪い汗?なりたいのは、臭わない女!

    汗=臭うと思いがちですが、汗にいい汗と悪い汗の2種類あるって知っていますか? まずはそこのところを押さえておきましょう。

    続きを読む
  81. 兵庫県発の米ぬかジェル『米ぬか美人』|鍛えよ、美人魂! 使えば一瞬、旅気分! ニッポン徒然ご当地コスメ

    兵庫県西宮市の日本酒老舗店から届いた『米ぬか美人』シリーズの「米ぬかジェル」。古くから日本人の肌にいいとされてきた米ぬかでプルンプルンのお肌をゲット!兵庫県の海沿い、西宮市や神戸市は古くから酒造りが盛んな町でした。

    続きを読む
  82. 複合型サロンでよくばりエステ体験|鍛えよ、美人魂! ジメジメ気分を一新! 癒しのサロンガイド

    エステだ、ネイルだ、美容院だと常にメンテナンスに追われているのが女性という生き物。ありがちなのが、せっかくネイルサロンに行ったのに、エステの予約が2週間後にしか取れず、エステで気になる肌のクスミを解消した頃にはネイルがボロボロなんていう経験。

    続きを読む
  83. みんなのダイエット体験談|美人力を磨く! 夏直前、今から間に合うダイエット特集

    ダイエットに関するアンケートでみなさんのトホホなダイエット体験を教えてもらいました!今回のアンケートでは100名の方がダイエットに関する体験談を送ってくれました。

    続きを読む
  84. 男性にも“スキンケア”が必要|美人力を磨く! 彼の手入れは女磨きの一環です。

    あまり知られていませんが、男性にもお肌で悩んでいる方は多くいらっしゃいます。男性の悩みで一番多いのが、肌のテカリ、乾燥、ヒゲ関連で、次にシワ、さらにその次に髪の毛、お腹周り、体臭などという順番になっています。

    続きを読む
  85. 通販コスメに関するアンケート|美人の処方箋 美薬は通販コスメにあり!

    通販コスメに対するアンケートを実施。500名もの意見を参考にして通販の魅力に迫ります!今回は500名以上の女性がアンケートに協力してくれました。購入経験や1ヶ月の価格など、基本的な美意識調査を実施。さっそく、結果をみてみましょう。

    続きを読む
  86. ヘア&メイクアップ

    8時(日によってバラバラですが、毎日最低でも5時間は寝るようにしています)朝は必ずお風呂に入って、頭と顔のリフティングマッサージをします。

    続きを読む
  87. 男性にアンケート「好きな女性の見た目を教えて!」|愛される女の心意気 オトコを喜ばせるナチュラル美人に大変身!

    “男性はナチュラルな女性が好き”というのは定説ですが、本当にそうなのか男性側にインタビュー。世の中の男性は女性のどんなところにトキメクのでしょうか。会社の近所のあるOLさん。制服姿だったので遠目では気がつかなかったのだが、近くで見るととても上品な顔立ちとメイク。

    続きを読む
  88. 小麦色なら小さく見える!? 日サロで顔ほっそり大作戦!

    流行の色白を極めれば極めるほど、ポチャッと見える…どころか、むくんで見えるぅーー!!!(だって膨張色だもん)。それなら夏ぐらいは思い切って焼いてみてはいかがでしょう。

    続きを読む
  89. ウォーキング 普段歩きで美しくなる10の方法

    健康になるためには「1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後にクスリ」(厚生労働省:生活習慣病予防の標語より)が重要だと言われています。なにより運動が真っ先に挙げられていて、運動の重要性が一番というキャッチフレーズです。

    続きを読む
  90. 美しく健康になるためには?

    皆さんは、運動と聞くと何を思い浮かべますか?ジムトレーニング、ランニング、水泳等を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

    続きを読む
  91. 歩く時間を、ウォーキング化

    歩くことやランニング、スポーツジムでの運動が健康に良いと分かってはいても時間を取ることは難しいですよね。「忙しくてそんな時間なんてない!」というあなた、でも考えてみください。

    続きを読む
  92. エッセイスト伊藤緋紗子さんの少女時代

    お生まれはどちらですか?横浜です。祖父と祖母はもともと東京で結婚したのですが、祖父が横浜国大で応用化学を教えていたので、東京から引っ越したのです。

    続きを読む
  93. 極上のオンナランキング 読者アンケート|向島芸者直伝! 女の心得

    今回、WJでは『極上のオンナ』に関するアンケート(有効回答:309人)を実施しました。 まずは、皆が選ぶ『極上のオンナ』の発表です。「極上」の栄冠を手にするのは一体、ダレ!?堂々の一位に輝いたのは、この方。

    続きを読む
  94. さびる女の落とし穴

    顔はサッパリ洗い上げたいと必要以上にゴシゴシしたり、洗顔料を使い過ぎたりするのは乾燥の原因に。

    続きを読む
  95. 発見!美人の方程式!読者アンケート

    ハリウッド女優のようなゴージャス系から、ミスユニバースに選ばれた森理世さんのようなオリエンタル系、エビちゃんみたいなモデル系など、美人とひと口にいっても、タイプはさまざま。はたして美人の共通点とは? どういう人が美人に見えるのか、アンケート調査を行いました。

    続きを読む
  96. あなたのお尻はどんな尻!?

     「あなたのお尻はどんな形ですか?」そう聞かれて、思わず考えてしまった人は、まだまだケツが青いんですっ! 大人の女なら、自分の後ろ姿をちゃんとチェックする習慣を身につけるべし。まずは、鏡で自分のお尻のスタイルを確認しましょう。

    続きを読む
  97. 男性にも“スキンケア”が必要 美人力を磨く! 彼の手入れは女磨きの一環です。

     あまり知られていませんが、男性にもお肌で悩んでいる方は多くいらっしゃいます。男性の悩みで一番多いのが、肌のテカリ、乾燥、ヒゲ関連で、次にシワ、さらにその次に髪の毛、お腹周り、体臭などという順番になっています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る