美容から健康まで大人な女性の情報サイト

健康

第5回 お盆休み太りに効く?!オフィスでのインナーマッスルの鍛え方

inner_m_005

お盆休みと言えば、花火大会に夏祭り、帰省旅行に家族旅行などイベントが盛りだくさん!

ただ、そんなお盆休みも、かき氷、アイス、ビールにおつまみ・・・
と甘い誘惑が多いですね。

また、車内での移動が長いと、遠出をしても意外と運動不足になってしまうものです。

そこで、重要になってくるのが基礎代謝。

普段からこの基礎代謝が高い人は、いつもよりちょっと長いお休みが来ても大丈夫。

その持ち前の基礎代謝が効いて、太るのを避けることができるのです。

基礎代謝とインナーマッスルの関係

なんと、インナーマッスルを鍛えて筋肉量を1kg増やすと、基礎代謝が1日あたり50キロカロリー増えると言われています。
その分、太りにくい体になれるのです。

ただし、女性は15歳をピークにこの基礎代謝が低下すると言われていることから、何もしないとどんどん基礎代謝が落ちていってしまいます。
それゆえ、日頃のトレーニングが欠かせません。

何度もお伝えしてきた通り、基礎代謝を上げるにはインナーマッスルを鍛えることが一番の近道です。

そこで、今回はお盆太り解消にぴったりなインナーマッスルトレーニング方法をご紹介しましょう!

≪電車内やオフィスでできるインナーマッスルを鍛える運動≫

通勤時間に電車内で、オフィスで仕事中や仕事の合間に、インナーマッスルを鍛えてお盆太りを解消しましょう!

■通勤時間をうまく使ってできる!

1. 電車待ちの駅のホーム。正しい姿勢をキープしながら立つ
 →背中の中心を縦に細長く走っているインナーマッスルである脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)、 肩甲骨を動かす菱形筋(りょうけいきん)、お腹や腰にある大腰筋(だいようきん)・腸骨筋(ちょうこつきん)、 ふくらはぎの奥にあるインナーマッスルであるヒラメ筋までトータルで鍛えられます。

2. 電車に乗っているとき。吊革に力をかけず、両足の内側に力を入れて立つ
 →脚の内側にあるインナーマッスル内転筋(ないてんきん)が鍛えられます。

3. 駅内での移動。少しでも階段を使う
 →腰や腸の周りの大腰筋・腸骨筋、脊柱のインナーマッスル(脊柱起立筋)が鍛えられます。

■オフィスで仕事中や仕事の合間にさりげなくできる!

1. イスに座りながら背筋を伸ばす
 →背筋中の中心を縦に細長く走っている脊柱起立筋、姿勢の制御を行い、腰椎・腰部を守るインナーマッスル多裂筋(たれつきん)が鍛えられます。

2. イスに座りながら太もも上げ
 →腰や腸の周りの大腰筋と腸骨筋、脊柱のインナーマッスルである脊柱起立筋が鍛えられます。

3. イスに座りながらつま先立ち
 →背中の脊柱起立筋やふくらはぎの奥にあるインナーマッスルであるヒラメ筋が鍛えられます。

皆さんは、猫背でおなかを丸めながら仕事をしていませんか。

こうしてインナーマッスルを鍛えるだけで、基礎代謝が上がるだけでなく、姿勢も矯正されるので、仕事中、疲れにくくなったりするそうですよ。

ぜひぜひ、実践してみてくださいね。