美容から健康まで大人な女性の情報サイト

健康

子宮ガンPART1 -1女性のこころとからだ事典

子宮がん特集 Part1
【子宮頸がん】

●子宮頸がんってどんな病気?

異形成から進む扁平上皮がん
子宮頚がんは、子宮の入り口部分にあたる頸部に発生するがんです。子宮頸部をおおっている扁平上皮という細胞組織から発生する「扁平上皮がん」と子宮頸部の腺組織から発生する「腺がん」の2種類ありますが、約9割は扁平上皮がんです。

扁平上皮の細胞の配列が乱れてがん化していく過程のなかで、がんになる前の状態を「異形成」といいます。異形成の何割かが上皮内がんとなり、やがて上皮の下の基底膜を破って浸潤し、進行していくのです。異形成にも軽度から高度まで段階があり、軽度なら自然に80~90%は消滅してしまうので、治療はせずに検診で様子を見ます。中等度や高度になると、15~20%はがん化するので治療が必要になります。

何より早期発見が大切
子宮頸がんは、検診で簡単に見つかり、またゆっくり進行するので、早期に発見して治療すれば、ほぼ100パーセント完治できます。
頸がんにかかる年齢は40代がもっとも多いのですが、最近では20代、30代で前がん状態の異形成が見つかるケースが非常に増えています。
●頸がんの原因は?

セックスの経験があることに加えて、

・ セックス経験が多い
・ 妊娠、出産の回数が多い
・ セックス・パートナーが多い
・ 初めてセックスした年齢が若いなどが挙げられます。


●子宮頸がんの症状は?
初期には自覚症状はありません。症状は何もないのに、検診を受けたらがんが発見されたというケースがほとんど。まれにセックスの際の出血がある程度です。病状が進んでいくと不正出血やおりもの、腰痛や下腹部の痛みなどが出てきますが、この時点ではかなり進行しています。
●どうしたら頸がんを見つけられるの?
初期にはほとんど症状がないので、検診を受ける以外に発見する方法はありません。20代でも、セックスの経験があるなら、年に一度の検診を受けておいた方がいいでしょう。早期に発見すれば治癒率も高く、手術後に妊娠・出産できる可能性もあるのです。
text/Mami Kakuta
llustration/Tomoe Sasaki