美容から健康まで大人な女性の情報サイト

健康

子宮がん 女性のこころとからだ事典

子宮がん特集 Part1
【子宮体がんの治療法】

子宮体がんの治療法には、外科療法、放射線療法、抗がん剤療法、ホルモン療法の4つがあります。

●外科療法

1.子宮を全部取る<単純子宮全摘出術>

I期II期に適用されます。子宮体がんは、0期であっても子宮を摘出するのが原則です。ただ、妊娠・出産を強く希望していて子宮を残したい場合、ごく初期のがんで、ホルモン療法でがんが抑えられる可能性があれば子宮を残すケースもあります。

2.子宮の周囲も取る<広汎子宮全摘出術>

一般にIb期やII期に行われます。

●放射線療法

体がんは、頸がんほど放射線の効果がないので初期にはあまり使われません。内容については、頸がんと同様です。

●化学療法(抗がん剤療法)

内容については、頸がんと同様です。

●ホルモン療法

体がんの発生は、ホルモンと深く関わっています。卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)は、子宮内膜を増殖させる働きがあり、プロゲステロン(黄体ホルモン)は、これを抑制してくれるのです。そこで、飲み薬などでプロゲステロンを投与して、がん細胞を抑える方法です。ごく初期のがんでどうしても子宮を残したい場合や、手術後の補助的な治療として適用されます。

text/Mami Kakuta
illustration/Tomoe Sasaki