美容から健康まで大人な女性の情報サイト

健康

子宮がん特集<用語解説> 子宮ガン 女性のこころとからだ事典

自律神経失調症状
卵巣を摘出して女性ホルモンが分泌されなくなると、自律神経中枢も影響を受けて全身に不快な症状があらわれることがあります。倦怠感や肩こり、のぼせや不眠、頭痛や耳鳴り、めまいなどです。
ホルモン補充療法
卵巣を摘出すると、女性ホルモンが分泌されなくなるので、更年期障害と同様の症状が出ることがあります。そこで、分泌されなくなったエストロゲンとプロゲステロンを内服薬や注射などで補うようにすれば、症状が緩和されます。
排尿・排便障害
広汎子宮全摘出術を行なうと、膀胱や直腸へいっている神経などを切除することになり、尿意をコントロールできなくなったり、ひどい便秘に悩まされることがあります。排尿障害は、下腹部を押して排尿したり、カテーテルを使って導尿する排尿訓練をします。便秘については、食事を工夫したり腹筋を鍛えて改善するようにします。