ライフスタイル

第14回 2018 Spring お気に入りの音楽で癒されよう

新しいスタートの季節。色鮮やかな花達に街中が包まれ、心もなんだかワクワクするこの季節。音楽でも、新しい発見探しませんか?あなたの心に素敵なメロディが流れる日々でありますように。今回も独断と偏見でおすすめします。

KEALI’I REICHEL 「Scent Of The Islands, Scent Of Memories」2007

ケアリイ・レイシェルさん。ハワイ在住ということで、もちろんハワイアン!ハワイアンって声にもギターの音色にも愛が溢れてます。
「涙そうそう」のハワイ語バージョンも入っています。これがまた素敵。
言葉が変わると聞こえかたも全然違うものなんですよね。ゆったり聞いて欲しいアルバムです。

斉藤由貴 「PANT」 1988

もうね、大好きでした斉藤由貴さん。このアルバム、どれだけ聞いたか。シングルは有名すぎるほど有名ですが、アルバム曲もすごくいい。改めてクレジット見てみたら、武部聡志さんが全曲アレンジされてたり、崎谷健次郎さんが作曲してたり。いいに決まってます、もう。
斉藤さんの歌詞も響きます。「終わりの気配」って曲が特に好き。

September 「Flowers」2008

私が2004年からピアノ&コーラスで参加していたユニットSeptemberのカバーアルバムです。男の人が歌う「花」にちなんだ歌をSeptember色にアレンジしています。アレンジの面白さを覚えた1枚でもあります。VocalのRieの透明感溢れる声や、Mayumiのチェロの音色は今の季節にピッタリ。手前味噌ですが、いいアルバムです。自信作は(笑)、「木蘭の涙」や3拍子で大人な雰囲気に仕上げた「すみれSeptember Love」です!

Art Garfunkel 「Breakaway」 1975

サイモン&ガーファンクルの活動停止後にリリースされたアート・ガーファンクルのソロアルバム。透き通るような綺麗な声はもちろん素晴らしく、洗練された楽曲。優しくて美しいんだけど、そこにすごい強い主張を感じて、だからカッコいいんだろうなって。多くのミュージシャンが憧れる存在なのがよくわかります。もしタイムスリップ出来るなら、私この時代の音楽にリアルタイムで触れてみたいな。


ここでCDをおすすめさせてもらうようになって、普段は決まった曲ばかり聞いてることに気がついて、久しぶりにCDをごそごそと探って聞き直したりしています。楽曲自体も懐かしいし、それを聞いていた頃の自分を思い出したりします。自分の人生と音楽ってすごく密接な関係。大袈裟だけど、これからもそうでありたいなって思う。頭の中に広がるの、世界が。目で見るより、もっと深い所で感じる世界。音楽っていいなぁ、やっぱり。

Qoonie

Qoonie の あんてな日和: blog.goo.ne.jp/qoo92/




さて、今回久しぶりにCDリリースします。
今回は作詞家の松井五郎さんと共同プロデュースという形で作らせて頂きました。
今を生きる為に置いてきた感情、皆さんはありますか?
少し、思い出してみませんか?
私の新境地、是非お聞き下さい。


[Release 情報]

2018.04.25 Release

New Album
Qoonie 幻標本箱

全8曲
全作詞 松井五郎
全作曲 Qoonie


[ライブ情報]

2018.4.19(木)
Place:.comfort 14th anniversary-風光る- @四谷天窓.comfort
Open:18:30
Start:19:00
Ticket ¥2400(1ドリンク別途¥600) ※.comfort 学割あり
出演:上田マユミ/川崎鷹也/坂本タクヤ/Qoonie
※Qoonieは21:00〜21:35の出演予定です。
ご予約、お問合せ qoonieqoonie@yahoo.co.jp


2018年 New Album リリース決定!
2017年12月06日 iTunes 先行配信

Qoonie

「imago」

作詞 松井五郎
作曲 Qoonie

iTunes の配信はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る